発毛のための生活環境

発毛の悩みを解決するための7つの基礎知識

発毛のための生活環境

発毛というと髪の毛ばかりに意識がいきますが、実は別のところに原因がある場合もあります。たとえば、生活環境は髪の毛に大きな影響を与えます。現代人は昔とは大きくライフスタイルが変化したので、抜け毛や薄毛を防ぐためには生活環境の改善が必要です。そこで、以下では発毛に良い生活環境についてご紹介します。

食事

髪の毛のことを考えると外用薬にばかり目がいきますが、髪の成分は体の内部で作られるので食事に気をつけることが大切です。特に現代人は食生活は乱れていますので、まずは栄養バランスのとれた食事をしなくてはいけません。つまり、体に良いバランスのとれた食事が発毛にも効果があるということです。

お酒

お酒を飲みすぎると肝臓の機能が低下して、たんぱく質が生成されなくなります。そのため髪の毛に栄養素が運ばれなくなり、抜け毛や薄毛の原因となります。
お酒を毎日飲むのではなく毎週休肝日を設けるようにしましょう。

タバコ

タバコの成分は血行を悪くするので、栄養素が髪の毛まで行き届かなくなります。また、血液による酸素の供給も悪くなり、抜け毛や薄毛の原因となります。髪の毛のことを考えるのであれば、タバコは控えるべきです。

睡眠

人間は睡眠中に体を修復します。そして、髪の毛も睡眠中に修復します。ですから、しっかりと睡眠をとることは髪の毛の成長を促進するのです。午後10時〜午前2時までの間がもっと髪の毛が成長する時間ですので、この時間帯にしっかりと睡眠をとることが大切です

ストレス

ストレスがいろいろな病気に影響を与えることはよく知られています。髪の毛についても同様で、ストレスは抜け毛や薄毛の原因となります。ストレスがかかると体内の栄養素が髪の毛まで運ばれなくなるからです。
ストレスをためこまないようにすることが大切です。

運動

髪の毛には酸素を送り込まなくてはなりませんので、有酸素運動が発毛には効果があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ